*気になったページは「ホーム画面に追加」すると次回から探しやすくなります。

【もはやSIER?将来性は?】SI業界の売上が事業収益の柱となっている大手企業に投資する? – 住まいマネー

コラム 資産運用

【もはやSIER?将来性は?】SI業界の売上が事業収益の柱となっている大手企業に投資する?

投稿日:

SI業界の売上が事業収益の柱となっている大手企業に投資する?

SIER、SI企業とは?

SI業界の企業と言われて有名なところをざっと見ると以下のような企業があります。他にももっとたくさんあります。

  • NTTデータ
  • 日立製作所
  • 日本マイクロソフト
  • 日本IBM
  • NTTコミュニケーションズ
  • 野村総研
  • アクセンチュア
  • NEC
  • 日本HP
  • 新日鉄住金ソリューションズ
  • 伊藤忠テクノソリューションズ
  • 日本タタコンサルタンシーサービシズ
  • 日本総研
  • 大和総研
  • 三菱UFJインフォメーションテクノロジー
  • みずほ情報総研
  • 電通国際情報サービス
  • NTTコムウェア
  • 日本ユニシス
  • アビームコンサルティング
  • ニッセイ情報テクノロジー
  • SCSK
  • NECソリューションイノベータ
  • 日立システムズ
  • 東洋ビジネスエンジニアリング
  • 農中情報システム
  • TIS
  • オージス総研
  • 富士通エフサス
  • シンプレクス
  • 東京海上日動システムズ
  • オリックスシステム
  • フコク情報システム
  • オービック
  • 三菱UFJトラストシステム
  • 三菱総研DCS
  • 兼松エレクトロニクス
  • 都築電気
  • 日興システムソリューションズ
  • キヤノンITソリューションズ
  • SOMPOシステムズ
  • インフォコム
  • セゾン情報システムズ
  • 日商エレクトロニクス
  • コベルコシステム
  • IIJ
  • ネットワンシステムズ
  • パナソニックインフォメーションシステムズ
  • 菱化システム
  • JRシステム
  • 富士通システムズイースト
  • 東芝ソリューションズ
  • ユニアデックス
  • NECネッツエスアイ
  • 日立産業制御ソリューションズ
  • 三菱電機インフォメーションシステム
  • NTTソフトウェア
  • NTTアドバンステクノロジ
  • JFEシステムズ
  • テクマトリックス
  • 三井情報
  • 第一生命情報システム

見ているとよく分かりますが、大手企業グループの傘下となっているところがほとんどです。

つまり、メインとして自社のシステムを開発してきた会社という経緯を持っているところが多いです。

その後、外部の仕事の方が多くなって、SIERとして有名になっているところもあります。

楽天市場のおすすめ商品

気になった商品はカートに入れてキープすると後で探しやすくなります。

自社システムの開発がメインの会社は?

自社グループのシステム開発ばかりしている会社は、あまり投資するのにどうかと思います。

上場企業では少ないですが、メインが自社グループのシステム開発の場合、外部のしごとを受注できるほど魅力的な製品がないということもありますが、売上は継続的に維持できるのでその分、メリットは大きいと思います。

自社開発からSIERとなった企業は?

上場しているグループではこの状態の会社が最も多いはずです。

独立系ではないけれど、SIERとして有名になっていて大きいところは公共事業さえも受注しているところがあります。

この場合も安定しているように見えます。

売上も一時期は凄い勢いで伸びていきました。

原価がほぼ人件費のみといういことで無理をすればどうとでもなってしまうことも問題になりましたが、売上を伸ばすにはとてもいい事業でした。

独立系のSIERは?

大手SIERで独立系はとても少ないです。

先程のように人件費がすべてであり、できる人を社員として常時在籍させるためにはとても多くのコストがかかります。

何らかの安定収益がないと維持できません。

そのため、長年仕事を発注していた大手企業などが株主として経営に参加していることが多いです。

また、合併も多いので、上場している企業で独立系というのはあまり見かけません。

本当はこの形態が一番いいのです。

SI事業に手を出した大手企業の将来性

はっきりいってこれは厳しいと思います。

あくまでも予想でしかありませんが、今後、将来に渡って会社が安定して伸びるかといえば難しいのではないでしょうか?

大手企業でSIERといっているところには、自社の別会社に仕事を委託するだけの会社もあります。

たとえば、

公共事業などを受注した営業を主体とする会社があったとして、その直下に大手SIERという日本を代表する企業があったりします。

公共事業なので日本の企業グループの任せた方が安心です。

その方がみんな納得するでしょう。

その後、受注した仕事を自社グループの会社にさらに文字が付いて長くなったような会社が請け負うことになります。

ここで自動的にそのSIERグループは売上の○○%を収益として手に入れることができます。

受注後は、管理作業を行ってサポート保守が必要なときにまた窓口となるくらいでしょう。

そのようなSIERの元請け企業では、仕事は執務のようなことしかやらないことになります。

これがどういうものかというと、最終的に目指していたのは役所の内部の仕事のような働き方だと思います。

仕事のことを「執務」と表現したくなるのは、社会では上流ではないのにその企業グループでは上流階級にいるような錯覚に陥っていることが多いからです。

実際にすべての企業がどこまでこのような状態になっているかは分かりません。

ただ、このような考えでいて公務員のような働き方を目指していた企業が、実際には民間企業であり、社会から見れば下請けの労働する会社として見られていた場合はどうでしょう?

会社の内部と外部からの位置づけが全くずれているのです。

国が予算を付けるように仕事を受注できなければ将来はありません。

その企業グループ全体が行き詰まってしまいます。

日本の従来型企業には結構、このような企業が多いのではないでしょうか?

つまり、日経225企業のような企業グループに多いのです。

これは日本株の将来性に関わってくることです。

さすがに影響が出る前に入れ替えが起きると思いますが、個別銘柄で投資するときは少しだけ気に留めておいてもいいかもしれません。

これが世界に誇れるノウハウがある製品メーカーだったりするとすぐに他の企業が引き取ってくれます。

しかし、仕事を自分の企業グループへ発注するだけの執務を行っていた人に世界的な競争力を持つノウハウはありません。

SI事業とその他の事業を行っている会社はSI事業を切り離してしまえばいいのですが、切り離すとほとんど収益を上げられないという会社があるかもしれません。そのため、将来不安定になるかもしれないビジネス部門を切り離せないのでしょう。

この時点でもうその企業グループの将来性は期待してはいけないのかもしれません。

そのような会社には少しだけ気をつけたほうがいいかもしれません。

IT人材不足といいますが、それは末端で作業を行う労働者人口のことだと思います。元請けとなる大手SIERが足りないということはないでしょう。

いくらでも受注できるはずです。

元々はみんな末端のIT労働者だったはずなのですが、いつの間に上流を気取るようになってしまったのでしょうか?

ということさえ考えてしまいます。

楽天市場のおすすめ商品

気になった商品はカートに入れてキープすると後で探しやすくなります。

小回りの効く専業のプロ集団が狙い目

これに尽きると思います。

SI、IT企業においても、その会社が何をやっているか一言で説明できるような会社がいいと思います。将来性があるところが多いです。

専業でやっている!会社にはほとんどプロフェッショナルしかいない!

そんな会社がいいSIER、IT企業だと思います。

「住まいマネー」編集部

日常の住まいと暮らしのコストを見直すだけで得られる豊かさがあります。

「暮らしの節約アドバイザー」としてお得になれる情報を発信しています。



おすすめの商品

楽天市場のおすすめ商品

気になった商品はカートに入れてキープすると後で探しやすくなります。

気になるページはブックマークに追加!
住まいマネー