*気になったページは「ホーム画面に追加」すると次回から探しやすくなります。

【アップルの新しい検索エンジン】Apple Search ウェブマスターツールってどんな感じになるのか?【ウェブ管理者の方向けの記事】 – 住まいマネー

ITのこと

【アップルの新しい検索エンジン】Apple Search ウェブマスターツールってどんな感じになるのか?【ウェブ管理者の方向けの記事】

投稿日:

【アップルの新しい検索エンジン】Apple Search ウェブマスターツールってどんな感じになるのか?【ウェブ管理者の方向けの記事】

【ウェブ管理者の方向けの記事】

これはマイクロソフト社の検索エンジン「Bing」の管理画面なのですが、Google社のものと比べるととても使いやすく、レスポンスも速くなっています。

UIは迷わないように似ているので使い勝手がよくスピードの速いウェブマスターツールといった感じがします。

これもGoogleアカウントでそのまま連携して入れます。

さて、

Apple Searchが登場したら、

ウェブマスターツールはどうするのでしょう?

万が一にでも日本で絶大な人気とシェアを誇っているiPhoneの検索エンジンが変わることがあれば大変です。

これに乗り遅れたら事業に影響がでないはずがありません。

これは登録する必要があるのでしょうか?

それともウェブマスターツールなんて用意していない。こちらで勝手に調べるというスタンスになったりするかもしれません。

どうなのでしょう?

本当はこんなの使いたくはないものです。

これの操作のためにどれだけの時間を浪費していることか。自動でちゃんとインデックスを集計してくれればいいのにと思います。

今の検索エンジンの仕様は2タイプ?

AppleとGoogleとMicrosoftというGAFAとMという経済にとても影響の大きい会社のできごとですので気になります。

ただ、利用者としても気になるところです。

今現在、Googleで検索をすると何かしらのフィルタがかかって予め認定されたアクセスの多い有名なサイトだけが出るようにしているような印象を受けます。

つまり、普通のサイトの記事はタイトルどおりに入れて検索しても一切出てこない!

というような感じです。キーワードにもよります。

それに対して、Bingや複数の検索エンジンを参考にしているDuckDuckGoはフィルタをかけないそのままの結果を出してくるようなイメージです。

細かいところでは差があるにしても、このフィルタがかかるかどうかが最も大きな影響でしょう。

つまりいくらサイトを作っても人の目に触れない場合があるということです。

これは企業や商店をやっている人にとっては死活問題です。

はたしてアップルサーチがどちらの仕様をなぞってくるか?

それが気になるところです。



気になるページはブックマークに追加!