*気になったページは「ホーム画面に追加」すると次回から探しやすくなります。

【電力自由化で電気代は安くなるのか?】本当なのか?グローバルスタンダードなのか? – 住まいマネー

電気料金の見直し

【電力自由化で電気代は安くなるのか?】本当なのか?グローバルスタンダードなのか?

投稿日:2020年11月11日 更新日:

【電力自由化で電気代は安くなるのか?】本当なのか?グローバルスタンダードなのか?

でんきが安くなるといって様々な電気屋さん?が登場していますが、本当にどうなんでしょう?

家電量販店で電気を売る?

電気といっても電力です。

電力自由化で電気を売ったり、買ったり自由になって今度は水道代もというが果たして本当に安いのでしょうか?

基本料金が安くないので結果的に高いというオチになる人もいるでしょう。

というか、本来は何が目的だったのかよく分かりません。

太陽光発電というのも炎上芸だったのかというほどに本末転倒な気がしなくもないのですが、一体どういうことを狙った政策なのか未だよくわからない部分もあります。

でもしかし、何となく分かるのが

「どうしてそんなことするの?」

という疑問を抱くようなことを広く人々に言っている人はだいたい「炎上芸人」と呼ばれる人だったりします。

こういうのは昔からあるのですが、効果という面においてやはりとても意味があったりします。

一定数の人がそれによって心を動かされるものです。

「嘘でしょ?」

「疑ってしまうんだけど?」

というのがあっても一部しか見ていない人は何人かに一人、数十人かに一人は騙されてしまうわけです。

それが狙いであって、早とちりして騙された人々が動揺して行動してしまうことを狙っています。

簡単なことだけでいいので凝った嘘はいらないのです。

笑ってしまう程度のものでよく、さらにいうと炎上芸は動力は注目を集めることですから、嘘がどんどんエスカレートしていくわけです。

これが炎上芸といわれるものでしょう。

それはさておき、電気代ってほんとに安くなるの??

という疑問について考察していきたいと思います。

電気代が安くなるのは嘘ではない!

ちゃんと注意書きが書いてありますので条件を確かめて基本料金と従量制の電力を考えて計算すれば安くなる人は安くなるでしょう。

それに失敗すると高くなります。

商品券につられて高いものを契約してしまうと1年、2年で解約できればいいでしょう。

しかし、忘れてしまう人も多いのでやはり損をしてせいまうことになります。

結局、電力会社が電気代を引き下げればいいだけの話なんですが、どうしてこういうものが出てきたかと言うと、

  • 従来の電力会社が電気を売るための事業切り分けて発電事業に集中したい!

というものです。

発電にはどうしても公的なお金がかかってきてしまうので集約したいのです。

そうはいっても、

  • 電柱の上に電力線が事業者ごとに複数張られて光ケーブルみたいになったら最悪
  • 電気が安定供給されなくなったら大変だ

ということがありますので、

サービスの一部を自由に光コラボ事業者のように販売できるようにしているといえます。

(細かいところは省略してすごく簡単に書いています。)

つまり、電気を自由に売買できるのは炎上芸ではなく本当のことだと言っていいでしょう。

アタリマエのことですが、これは大丈夫です。



気になるページはブックマークに追加!