*気になったページは「ホーム画面に追加」すると次回から探しやすくなります。

いちごのランナー – 住まいと暮らしのノウハウサイト

いちごのランナー

いちごのランナー

いちごのランナーとはどのようなものか?

いちごにはランナーといって、花でも葉でもない枝が伸びてくることがあります。

これはただ何もついていない、まっすぐな太いツルのようなものに先端に小さい小さい葉がついているという不思議な形をしています。

初めて見たときは、これがランナーとはあまり思えないかもしれません。このような不思議なツルのようなランナーが多く発生する時期があります。

それは、花が咲いて実がなり終わった頃の5月6月の時期になります。また、秋にもこのようなランナーがたまに出てくることもあります。

ランナーというのはよく見てみると、とても不思議な構造をしています。とても太くて頑丈な茎を持ち、その先端から小さな葉がちょこっとだけ出ているという形をしています。

またさらに、そこから新しく枝が伸びていき、さらにそこから新しい葉が出て、なんどもそれを繰り返していきます。

いちごは庭のお供です。庭がほしければ家を高く売って住み替えるしか無い、、もしくは、市民農園を借りましょう。