*気になったページは「ホーム画面に追加」すると次回から探しやすくなります。

エンジニアブログが役に立たない!使えない?というのは事実か? – 住まいと暮らしのノウハウサイト

エンジニアブログが役に立たない!使えない?というのは事実か?

エンジニアブログが役に立たない!使えない?というのは事実か?

今まで、ITノウハウはエンジニアブログにかぎると思ってきましたけど、それは間違いだったなと思いました。

やっぱり、だめでした。

GmailからSMS連携してメールを送ろうとしたんですが、Google自体にインストラクションがあるんですが、それよりも日本語の説明がいいかと思い読み進めましたが、全く、できなくなりました。

というのは、

  • 海外のエンジニアのテック情報はフォーラムで共有される。
  • アプリのインストや操作方法、設定などは分かりやすい文章、画像が必要。
  • こういうふうにユーザーが考えて、間違えたことをするかもしれない。そのときにも、対応できるブログ内容になっていない。
  • プログラムのように決まった記述だけでいいものとは異なる。
  • 表現力が乏しい。見ずらくなってしまう。。。

という感じでした。

ブログのタイトルに、『エンジニアの、、IT技術者の、、SEの、、、』とか書いてあるのって、

『説明が独りよがりだったり、足りなかったりするけど別にいいじゃないか!』

言い訳を先にしているような気がしてしまいます。

なぜ『ファイナンシャルプランナーの、、、ブログ』のように価値があると思われないんでしょうか?

悲しいです。

『元ITエンジニアのプログラム解説ブログ!』

って書いてあったら、『おお、いいじゃないか!信頼できるじゃないか!』

とならないのが何だか悲しいところです。なぜなんでしょう?不思議です。そんなこと書いてる暇があるならIT転職サイトで早く仕事探したほうがいいって思われてしまうのでしょうか?

むかしは『備忘録』とか『私的メモ』というHPがたくさんありましたが、それはそれで結構、手順の部分は文字だけでもすごく役立つものがあったのです。

今のブログでSSと説明文章書いてるブログは分かりにくいものも多いです。これは非常に残念なことです。広告でもなければボランティアで作っているわけですから文句を言う方がおかしいわけですが。。

そういうわけで、今後、エンジニアブログを作って就職の役に立つようにと考えているのであれば、そんなことを考えておくのが得策です。

それよりももっと中身のある、人間力をアピールするようなブログの方が100倍、就職には役立つのではないでしょうか?もちろん、PGなどのサンプルもたまに書いておくといいと思います。