*気になったページは「ホーム画面に追加」すると次回から探しやすくなります。

コンクリートサイディング「ラムダ」は? – 住まいマネー

リフォーム 壁のこと

コンクリートサイディング「ラムダ」は?

投稿日:2020年10月5日 更新日:

コンクリートサイディング「ラムダ」は?

ラムダという素材はとても便利で優れたサイディングだと思います。

ラムダサイディングはかなりきれいな仕上がりになります。工業系、事業所系の大きな建物でも似たような外観のものがありますし、白にすればまさに木造とは思えない外観になるわけです。

とくに、軒下などを無くしてしまえば、見た目はもう、RC造、鉄骨かという具合になります。

  • サイディングと違うのは、パネルが細長く、凹凸でつなぎ合わせている。そのつなぎ目を塗装時に浮かせて空気の通り道を作るのかどうか?
  • サイディングは柔らかいが、ラムダはコンクリートパネルなので硬い。
  • 仮設住宅に使われたりする。
  • パネル自体はとても密度が高く、水分を吸収するような感じではないが、数年で元々の塗装が弱って給水するようになって大変だという話も。
  • コンクリートと同じであれば塗装しないと中和されていく?
  • 目地は配慮が必要。目地の接着部分が薄くて脆弱かもしれない。コーキングではなく金物で固定するタイプの方がいいのか?

デザインを重視する設計業者に壁材として採用されてしまった。

この壁材は枠を使って即座に設置できることが重要で、寒い地方では到底これだけじゃやっていけないのですが、とにかく、組み立てが早くて簡単ということがいいのでしょうか。

打ちつけるならば、金具が必須です。

ここがポイントで、建築設計を売りにする業者が見た目を満たすために、ラムダを採用するのですが、低コスト、というか、費用を浮かせるために、このラムダを使ったりしているようです。

ラムダが見た目がよくていいのですが問題として、

  • 業者が無知で、金具を使わずに釘で打ち付けることがある。ひび割れてしまう。
  • 外壁塗装時につなぎ目に隙間をあけて塗装しなければいけない?サイディング同士がくっつくと地震で動いた時にサイディングが割れるかも。

考えたくないですね。

外壁塗装の見積もり比較は見積もりサイトでできるようになりましたが、特別なサイディングだということを意識してちゃんと施工してもらえる塗装業者を選ぶようにしたほうがいいと思います。

それはそうと、外壁塗装は頻繁に行うことになりますのではじめからメンテのいらない物件、この壁ならメンテは要らないという物件を探して買うほうがいいと思います。



気になるページはブックマークに追加!