*気になったページは「ホーム画面に追加」すると次回から探しやすくなります。

【世界の証券市場を決める!無料ストラテジーが豊富な】ダウ平均先物のおすすめチャート – 住まいマネーの壺

株価チャート

【世界の証券市場を決める!無料ストラテジーが豊富な】ダウ平均先物のおすすめチャート

投稿日:2020年10月9日 更新日:

ダウ平均先物のおすすめチャート

ダウ平均先物 DJI 大阪取引所(OSE)の株価チャート(日足)

 

TradingViewでDJIA1!の株価(日足)を表示したものです。

無料ストラテジーはTradingViewのコミュニティーでたくさん公開されています。

日本で取引可能な時間は?

大阪取引所(OSE)の株価指数先物の立会時間は以下の通りとなっています。

JPX HPより)

立会時間以外の値動きは以下のチャートで見るのが便利です。1分や30分などの短い時間足で見ると値動きの予測にいいかもしれません。

アラートを設定したり複数のチャートを表示して比較するにはTradingViewの有料プランに便利なツールが用意されているのでおすすめです。

日本でETFを売買できる時間帯はETFの立会時間を参考にしてください。

ほぼいつでも値動きが見れるダウ平均先物CFDチャート

ダウ平均先物 Wall Street CFD FOREX.comの株価チャート(日足)

 

TradingViewでDJIの株価(日足)を表示したものです。

無料ストラテジーはTradingViewのコミュニティーでたくさん公開されています。

ダウ平均の構成銘柄は?

ダウ平均株価はダウ工業株30種平均のことで構成銘柄は時代に合わせて入れ替えられていきます。

以下の銘柄で構成されています。(2020.10.9時点)

  1. Apple Inc.
    アップル
  2. Amgen Inc.
    アムジェン
  3. American Express Co.
    アメリカン・エキスプレス
  4. Boeing Co.
    ボーイング
  5. Caterpillar Inc.
    キャタピラー
  6. Salesforce.com, Inc.
    セールスフォース・ドットコム
  7. Cisco Systems, Inc.
    シスコシステムズ
  8. Chevron Corp.
    シェブロン
  9. The Walt Disney Co.
    ウォルト・ディズニー・カンパニー
  10. Dow, Inc.
    ダウ
  11. Goldman Sachs
    ゴールドマン・サックス
  12. The Home Depot Inc.
    ホームデポ
  13. Honeywell International Inc.
    ハネウェル・インターナショナル
  14. International Business Machines Corp.
    アイ・ビー・エム
  15. Intel Corp.
    インテル
  16. Johnson & Johnson Inc.
    ジョンソン・エンド・ジョンソン
  17. JPMorgan Chase and Co.
    JPモルガン・チェース
  18. The Coca-Cola Co.
    ザ コカ・コーラ カンパニー
  19. McDonald’s Corp.
    マクドナルド
  20. 3M Company
    スリーエム
  21. Merck & Co.
    メルク
  22. Microsoft Corp.
    マイクロソフト
  23. Nike, Inc.
    ナイキ
  24. Procter & Gamble Co.
    プロクター・アンド・ギャンブル (P&G)
  25. The Travelers Companies,Inc.
    トラベラーズ
  26. UnitedHealth Group Inc.
    ユナイテッド・ヘルス
  27. Visa
    ビザ
  28. Verizon Communications Inc.
    ベライゾン・コミュニケーションズ
  29. Walgreens Boots Alliance, Inc.
    ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス
  30. Wal-Mart Stores Inc.
    ウォルマート・ストアーズ

ダウ平均の総評

ダウ平均株価はは日本にいるほとんどの人には関係のないこと?

はたしてそうでしょうか?

雇用者として雇われている人で退職金を401kで運用している人も多いことでしょう。どなたでも確定拠出年金や401kやDC、iDeCoというワードを聞いたことは有ると思います。

確定拠出年金って厚生年金や国民年金じゃないの?

と思う人も多いことでしょう。

分かりづらすぎる日本語の羅列がもう何がなんだかわかりません。

投資なんかしてないしダウ平均なんて考える必要がないんじゃない?

という人も、退職金を確定拠出年金で運用している場合が多いのではないでしょうか?

退職金の確定拠出年金は1,2週間遅れで注文が執行されるくらいのゆっくりとしたペースでの株を積立てて購入できるものといった感じです。

会社から決められているのでほとんど選択肢はないのですが、株を売るか買うかという選択は必要です。

iDeCoはもう少し自由度が高いです。

どちらも税金の優遇があります。

つまり、政府が積極的に投資をしていいという金融商品なのですがどうしても理解できないままやっていいのか疑問が残ります。

ダウ平均のことをしらないのに財形貯蓄のように元本保証型で定期預金の利子のように利益が増えると思い込んでいる人もいるでしょう。

「積み立て」という言葉が付くと、元本保証というイメージが付いてしまいます。

これは大間違いでどちらかを変えなければなりません。

もう、資産運用において「積み立て」という言葉を使用しないようにするか、「積み立て」という言葉の意味をもう一度再認識させる必要があるでしょう。

何も分からず会社に決められたから始めた投資、税金が優遇されるからと現金預金から投資にまわした確定拠出年金もあるでしょう。

しかし、始めていくうちにマイナスになることもあるんだと気が付きます。

そして、コロナショックのときのように1ヶ月かけてダウ平均が約40%下がったときに間違えて売ってしまった人も多いかもしれません。

1ヶ月という期間があるのでTVやSNSで毎日不安なニュースが流れている中で焦って売らずに我慢できる人はどれだけいるのでしょうか?

管理画面を一切開かないで目の前のことだけに夢中になっているなら問題ありませんが、自分で運用しろと言われたらちゃんとみてしまって不安になって売ってしまうことでしょう。

これは自動分散投資という名称でブームになった投資商品でも同じように狼狽売りをしてしまった人が多かったのです。

こういうことが心配になります。

仕組みとして売れないようにしてくれた方が「よかった」という声がたくさんあるはずです。そんな日常の仕事だけで忙しいのに世界の経済の仕組みを理解して、無数に起きるニュースを見て判断しろというのは不可能です。

「確定拠出年金などといわずに専門家が運用しておいてよ。」

というのが答えだと思います。本当に勘弁して欲しいところです。

株のことをもっとよく考えて世界情勢を理解しろというのが目的だったのなら分かりますが、それにしては金額が大きいです。

せめて、もう少し少額にして欲しかったです。

株価が上がりすぎて心配だったらゴールドや国債に持ち替えるといったことを最初にレクチャーしてくれないと運用なんて不可能です。

ただ、買ったらそのまま持つだけなら年金として収めて運用してもらっているのと一緒です。

年金の運用が失敗して年金がほとんど無くなったときに、確定拠出年金があると助かるかもしれないというのでしょうか?

国の威信をかけた年金運用が失敗するのに一般人の個人的な運用がうまくいくはずがありません。

ほんとうに何を目的としているのでしょうか?分かりません。

多くの人がダウ平均のことと経済のことを理解しないといけないのに、日本ではほとんどの人が知らないまま生活しています。

「何も考えずに3割~5割を株を買う設定にしてあとは放置」

ということを徹底してレクチャーしてくれるならいいのですが、それさえあまり聞いた覚えがありません。(2021.7.1)

動乱の時は驚くようなことがリアルに起きる時です。

何が起きているか察している人には分かるが故にチャートも動く。

知っている人なんているの?ということでさえ、相場を見ている人はなぜかこういうことにはよく鼻が利く。

こんなことがおそらくあるのだと思います。

それをうけてダウ平均が全力で上昇しているのかもしているのかもしれません。

ほんとに凄いです。

日本からダウの短期なんかしてても絶対無理だなと思う次第であります。(2021.1.8)

ついに大きく動くか?大きなイベントがトリガーとなることは可能性としては考えられるでしょう。

とても大きなトリガーです。

ただ、これで全部がいいというわけでもなく新たな懸念材料も引き続き登場するようです。

まだまだです。

本格的になるまでにはまだ少し時間がかかりますがそれでもまだ回復への兆しの方が速いというのは薄々実感している人が多いのでしょう。

それはこれからダウの動きが表すところでしょう。(2020.11.23)

この大きな上げはファイザー社のワクチンが理由のようです。

大統領選からもうすぐ1週間経過しようとしています。

まさに夢を見ているかのようですが、このことかという納得と落ち着きを取り戻しつつあるような気もします。

11月に。

という表現が全てを物語っているようなイベントでした。

こんなことはなかなか経験できることじゃありません。こんなときのダウの値動きもまた一生で一度きりのものです。

ダウ平均はまた新たな歴史を刻んでいく。

そんな感じの1週間でした。続伸中です。どこまでいくでしょうか?

このあとさらに加速するか?

減速するのでしょうか?

壮大な話ですがダウ平均はとても多くの人が関わっている指標です。(2020.11.9)

ついにこの時が来たかという感じですが、日本時間3日ですので、選挙は日本時間の3日の23:00開始ということです。開票はさらにその後になりますが、今回は期日前投票がの9960万票もあるということですので、このうち郵便投票がどれくらいあるかわかりませんが相当数の人が事前投票していることになります。その確認にどれだけの時間がかかるのかは不明です。

おおよそのことはチャートが示しているようにここ3日間は続伸しています。

これがどこで加速するのかということに注目している人も多いことでしょう。

また、サプライズで下がる可能性を期待している人もいることでしょう。

いずれにしてもダウとともに最も注目される選挙になりました。

ここでの考察は当選がいつ確定するかということでしょう。これによってさらに加速する?ご祝儀相場のようになることもあるかもしれません。

人間の心情ですので何とも言えませんが、そのように考えて買う人も多いでしょう。

資産運用している方は直前の下げた時に買い増しをしている人もいるでしょう。これらの人がさらに買い増しをするかどうか?ということで上げがどれくらいになるのか変わってくるでしょう。

逆に下げることもありますので油断は禁物です。

日本でもアメリカの株価指数のETFで資産運用を行っている人がたくさん増えました。それによってアメリカや世界のことをよく知りたいと思う人が増えたということにもなります。総合指数だから自動分散投資だから何も考えなくていいというのは違っていて実際はアメリカのことが気になって仕方なくなります。

このことは日本に資産運用が広がったことによる影響と言えるでしょう。否応なしに調べなければならない状況になったわけです。

自動分散投資をきっかけとして世界のことを知るようになるのもいいのかもしれません。(2020.11.3)

諸々の事情によりダウ平均が下がり続けています。

今こそ。。。という方も多いとは思います。だいたい動きが予測できるている方はもうあのパタンかという感覚になっていることでしょう。

そんな予想を後押しするかのようにあの価格だけが上昇しています。そして、USの状況を正確に見抜ける人は実に良いのではないでしょうか?

もう今後はこういうことはなかなかないかもしれません。多少の動きはあることでしょう。(2020.10.31)

時代に合わせて銘柄は入れ替えられていきますが1896年以降のダウ平均株価は右肩上がりで上昇し続けています。

「ダウ平均」といえば誰もが聞いたことがあると思います。「S&P500」や「ナスダック総合指数」とともに米国株の代表的な株価指数となっていてマーケット情報で必ず伝えられている指数です。過去の株価の大きな変動が歴史を刻んでいるとも言えます。

コロナ騒動で下落してからの立ち直りは快挙と言えるものでした。チャートソフトのティッカーで「DJI」と入力すると他のダウ平均株価も見ることができます。(2020.10.9)

気になる企業のニュースを見たい!

海外、国内、上場、非上場と区別なくとにかく気になったニュースを取り上げています。ニュースはどこから探せばいいのですか?

そんな悩みは一生続くでしょう。それができたら凄いことです。

資産運用で気になる株式チャートをみたい!

国内、海外問わず資産運用する時によく組み込まれる銘柄があります。有名な株価指数はだいたいどこの投資信託でも組み込まれています。自分でアセットの配分を決めるときにも株価チャートなどの情報がとても大事になってきます。

自動的にバランスを取って計算してほしいなら「テオ Theo」などの自動分散投資がいいですが、そこまで考えなくても1つの投資信託を買うか、複数のETFを持っているだけでも良いと思います。ただ、買うタイミングは自分で調整する必要があります。

また、大きな動きがあることがわからないと自分で決めるのはリスクが高いものです。そのような場合は自動分散投資がいいということになります。

気になるページ

【不死鳥の如く復活するか?酒の肴となるのか?】ツイッター Twitter TWTR株価おすすめチャート(日足)
【アメリカ企業の株価指数!無料ストラテジーが豊富な】S&P 500のおすすめチャート
【楽天証券で人気の投資信託】楽天証券の投資信託「楽天・全米株式インデックス・ファンド」に役立つ株価おすすめチャート(日足)
【いつまで続く?ほんとにどうなる?】グーグル GOOGL アルファベットの株価おすすめチャート(日足)9日移動平均線
【最新型iPhoneを見れば市場価値も一目瞭然!?】アップル AAPLの株価おすすめチャート(日足)9日移動平均線
【恥ずかしいけど自分の家計を本気で見直す!?】おすすめのFPによる家計相談窓口は?
【これからが気になる自動分散投資】ウェルスナビ WealthNaviのおすすめチャート-VTI、VEA、VWO、AGG、GLD、IYR、JPY
【歴史ある国でリスク分散】日欧株 VEAの株価おすすめチャート(日足)
【世界経済の成長を信じる?】新興国株 VWOの株価おすすめチャート(日足)
【アメリカ証券市場全体に近い値動き】米国株 VTIの株価おすすめチャート(日足)
【インスタグラムの実力が発揮される?】フェイスブック FBの株価おすすめチャート
【上昇するのか?有事の資産の避難先?】金 ゴールド GLD価格おすすめチャート(日足)
【テレビからネット配信の時代へ】ネットフリックス NFLXの株価おすすめチャート(日足)9日移動平均線
ホームセンターで外壁塗装を頼む
【分配金と安定が嬉しい】米国債券 AGGのおすすめチャート(日足)
【規制、解体はどうなった?】GAFA、FAANGの株価おすすめチャート
ウッドデッキや木製ルーバーの材木の種類は?
【35年固定金利が1%台!?】おすすめの住宅ローン一括審査の口コミや評判は?
【日本株?外国株?どの銘柄にする?】資産運用におすすめの便利なチャート
【ダウより熱い?リアルタイムから長期で見やすい!分析しやすい!】日経平均、日経225先物のおすすめチャート

日常の住まいと暮らしのコストを見直すだけで得られる豊かさがあります。

「暮らしの節約アドバイザー」としてお得になれる情報を発信しています。



-

おすすめの商品

おすすめの商品

気になった商品はカートに入れてキープすると後で探しやすくなります。

気になるページはブックマークに追加!