*気になったページは「ホーム画面に追加」すると次回から探しやすくなります。

【テレビからネット配信の時代へ】ネットフリックス NFLXの株価おすすめチャート(日足)9日移動平均線 – 住まいマネー

株価チャート

【テレビからネット配信の時代へ】ネットフリックス NFLXの株価おすすめチャート(日足)9日移動平均線

投稿日:2020年10月5日 更新日:

ネットフリックス NFLXの株価おすすめチャート(日足)9日移動平均線

ネットフリックス NFLX NASDAQ 株価チャート(日足)9日移動平均線

 

TradingViewでネットフリックスの株価(日足)に9日移動平均線を表示したものです。

非常に戦略が上手いと思える動画配信サービスです。

ネットフリックスの日本のサイトを訪れるととにかく登録して会員になって視聴してみてくださいというスタンスになっています。月額費用は800円からでいつでも停止できるという手頃な価格設定が会員数を増やすコツなのかもしれません。

ネットフリックスの日本の会員数は約500万人(2020年)でフールー202.8万人(2019年3月時点)、200万人ユーネクスト(推定)と2位以降との差を確実に広げています。

動画配信サービスも当初はいくつもの会社が競争していますがコンテンツが同じなら安いところからということになっていくわけです。

ネット配信なので最終的には1社あれば事足りるようになります。そのときに大手が強いのは言うまでもありません。

厳しい判断ですね。

コンテンツを守って囲い込むか?多くの人に見てもらって視聴料で稼ぐか?

この配信サービスもインフラと呼べるものだと思います。最終的にはほぼ独占状態になるのでGAFA+Netflix=FAANGということになるのでしょう。

昔は考えても見なかったことですが、ITサービスの無限の処理能力向上がユーザーを無限に囲い込める独占企業の創出へとつながっているのでしょう。

これは物理的に仕方がないことですから規制をして会員数の分担を決めるしかないという国も出てくるかもしれません。スマホも近いものがありますが有限の電波の割当を利用してうまく競争しています。競争がなくなったら不利益をこうむるのはユーザーです。

インターネット税じゃないですが、何かネット利用料金のような制限をかけないと無限に独占できてしまうのがITの特性と言えますでしょうか。

難しいところです。(2020.10.4)

気になるページ

【これからが気になる自動分散投資】ウェルスナビ WealthNaviのおすすめチャート-VTI、VEA、VWO、AGG、GLD、IYR、JPY
【分配金と安定が嬉しい】米国債券 AGGのおすすめチャート(日足)
【インスタグラムの実力が発揮される?】フェイスブック FBの株価おすすめチャート(日足)9日移動平均線
【上昇するのか?有事の資産の避難先?】金 ゴールド GLD価格おすすめチャート(日足)
【世界経済の成長を信じる?】新興国株 VWOの株価おすすめチャート(日足)
【アメリカ証券市場全体に近い値動き】米国株 VTIの株価おすすめチャート(日足)
【規制、解体はどうなった?】GAFA、FAANGの株価おすすめチャート
【不死鳥の如く復活するか?酒の肴となるのか?】ツイッター Twitter TWTR株価おすすめチャート(日足)
【アメリカ企業の株価指数】S&P 500株価おすすめチャート
【いつまで続く?ほんとにどうなる?】グーグル GOOGL アルファベットの株価おすすめチャート(日足)9日移動平均線
【世界の証券市場を左右する株価指数】ダウ平均先物株価おすすめチャート
【ダウより熱い?どこまで伸びるか?日本経済】日経平均、日経225のおすすめチャート
【楽天証券で人気の投資信託】楽天証券の投資信託「楽天・全米株式インデックス・ファンド」に役立つ株価おすすめチャート(日足)
【宅配サービスは今後も需要拡大?】アマゾン AMZNの株価おすすめチャート
【最新型iPhoneを見れば市場価値も一目瞭然!?】アップル AAPLの株価おすすめチャート(日足)9日移動平均線
【歴史ある国でリスク分散】日欧株 VEAの株価おすすめチャート(日足)


気になるページはブックマークに追加!