*気になったページは「ホーム画面に追加」すると次回から探しやすくなります。

【楽天リフォームとネットで業者を探すのどっちがお得?】リフォームも楽天市場で頼む時代になりました。 – 住まいマネーの壺

ITのこと ◎リフォームのニュース リフォーム

【楽天リフォームとネットで業者を探すのどっちがお得?】リフォームも楽天市場で頼む時代になりました。

投稿日:2021年4月4日 更新日:

リフォームも楽天市場で頼む時代になりました。

思う所は色々ありますが、利用者側から考えた時に1番メリットがあるリフォームの頼み方というのは楽天市場の楽天リフォームを利用することじゃないかと思う結論に達しつつあります。

それはなぜかと言うと、もうここ数十年くらいリフォームを頼もうとした時に利用者側の立場としてなんというかしっくりとこない感じをずっと抱えてきてそれがいつか解決するだろうと思っていたのですが、ネットが普及してもやっぱり何も利用者には嬉しいことは増えませんでした。

というのが住居を購入するときも同様ですが、修繕やメンテナンスするときのことをリフォームと言っています。

もっと大掛かりにしてお金がかかるリノベーションなどという言葉もあります。

でも、こういうやり方は今の時代にマッチしていないのかもしれません。

ネットで検索して業者を探す?

以前はネットで窓口を経由して業者、施工者をマッチングして工事を依頼するようなシステムが主流になっていますが、今は楽天市場で住設は頼むことができます。

これが外壁塗装、屋根張り替え・修理工事、水道関連などと広がっていけばおそらく今のようにネットで検索してリフォームを頼む業者を探すために見積を複数社にとって比較して決めるというフェーズも必要なくなることだと思います。

これは本当に凄い変革なのです。

見積もりの比較をする行為自体までが楽天市場の中で価格順に表示するという1操作だけで済んでしまうのです。

時間にしてわずか1秒弱です。

何もしゃべる必要もありません。

何の手間もかかりません。

これと勝負しても何ら解決の糸口は見いだせないような、そんな流れです。

Amazonが襲来してきて日本の小売業が全部やられてしまった?

というような雰囲気がありますが、

リフォームは楽天市場で頼めるようになったらその時点でもう1つの時代が終わることになるかもしれません。

ホームセンターよりも楽天市場の楽天リフォームがいい?

今ある楽天リフォームもいわゆる窓口をお店として施工者をマッチングさせているような仕組みなのですが、サポートを充実させたり、価格をとことん安くしたりしています。

一昔前までは住設はホームセンターで買って付けてもらうのがいいと信じていました。

しかし、先日もホームセンターに電話してトイレを買って付けてもらうことを聞いたらやっぱり、楽天リフォームの方で頼んだ方が安いという結果になって、時代の変化を感じたことがありました。

ホームセンターなんだから設備機器本体の価格は安いはず?

と思っていたのが楽天市場の最安値よりは高いわけです。

取付工賃くらいはホームセンターで頼んだほうが安いだろうと思いきや、高いのです。

やっぱり、ホームセンターから施工者へ発注する中でそれなりの管理費が発生しているわけでその分が高くなります。

ところが最新のサービスの方は、数をこなして工賃さえも安くするというシステムになっています。

DIYが最強!?

トイレもDIYで取り替えれば工賃は0です。

そして捨てるのも粗大ゴミとして出せば格安で数百円で処分することができます。

業者に取り付けを頼むと工賃以外に処分費用だけで数千円かかります。

まあ、それでも安いとは思いますが。

いずれにせよ、

楽天市場ではショップの口コミが重要!

ここで重要になってくるのが楽天市場に出店しているショップの口コミです。

なぜか最近、ショップの口コミが見づらくなっているのが心配のタネですが、一応見ようと思えば調べられます。

1番安い所はかなりひどい口コミがあったりします。

まあでも、それは改善しているところがほとんどですので大丈夫だと思います。

一応、ちゃんといい悪い口コミが少ないところに頼むのが良いと思います。

ただ、複数の楽天ショップを出していることもあって、評価が下がるとほかへ乗り換えるなんてこともよくあることです。

このあたりがモールと出店者との戦いなのだと思います。

やろうと思えばいくらでも会社を作って出店できてしまうのでこれがどういうことかということです。

実体がある会社ならまだ変えられないのですが、楽天の中のショップだけですと会社を変えればすぐに新しく出店することができてしまいます。

ここはその会社のホームページを見て実績が載っているか?

証拠の写真はあるか?

ということを見て決めると良いかと思います。

それでも証拠自体を捏造してしまうこともありますので本当に面倒なことがおきてきます。

こうなると、どうなるか?

といいますと、

最終的にリフォーム窓口はどうなる?

楽天が窓口の役割をしてしまうということです。

あとは施工者本人、作業をする職人だけが楽天を介して紹介されて派遣されて評価が付く、こういうことになるでしょう。

楽天は出典手数料だけを取っているように見えますが、自社で運営している部門が販売まで行っている商品もあります。

住まいもまとめて楽天市場で!

ということになったら、おそらくこの流れじゃないかと思います。

こうなると、ネットでここの業者がいいなんてことを書いていてもほとんど意味がなくなってしまうほど強烈なものになってしまいます。

個人向け小物ではもうすでに楽天市場やAmazonを通して買うことがほとんどとなっています。

直接、メーカーのサイトから買うなんてことにメリットがあるのでしょうか?

というと、一応ちゃんと意味があるようになっています。

楽天よりも少しだけお得に買えるようになっています。

でも、公式サイトから買っても、楽天やAmazonから買われても別に売れるならいいわけです。

ただやっぱり顧客とのつながりは直接持ちたいということで公式サイトをPRしたりしています。

これは宣伝の意味も込めてそうしたほうが良いということで公式サイトから売るようにしているところもあります。

サービスや商品の内容は楽天市場やAmazonでのものよりも良いものということが条件です。

ネットのリフォームは楽天市場で頼むよりメリットがあるか?

これがリフォームの場合にどうなるか?

ということになります。

楽天市場にあるリフォームサービスは安いです。

ネットで探して申し込むリフォームはやっぱり高いです。

これは少しという次元ではなくほんとに高いからどうしても利用できないのです。

もし、楽天市場で頼むのと対して変わらない値段でやっている業者がネットでみつかったら「当たり」かもしれません。

そういうところはちゃんと楽天市場との競争を視野に入れています。

それができていないネット上のサイトはやっぱり選ばれなくなってしまいます。

いずれそういう時が来てしまいます。

ホームセンターも同様です。

すでに楽天市場のリフォームなんて考えていない、考えそうにないという状態であれば、いずれ全てのリフォームがそっちへ流れてしまうでしょう。

作業する人は仕事が絶え間なく来る楽天の方からもらえばいいわけです。

小売は気がついて楽天市場での価格を意識した公式サイト価格で勝負しています。

それができていないサイトはいずれ誰も頼まなくなってしまうからです。

検索エンジンもそれを考えてきた!?

そういう高いサイトの情報ばかり出す検索サイトなんて嫌ですよね?

買い物や工事や修理を探すときは楽天市場とAmazonを結果に出しておいた方が利用者が満足するのではないでしょうか?

そのような理由からか分かりませんが、検索すると最初にまずネットのショッピングモールが結果に出てきます。

そしてそれ以外のサイトは出ないように工夫されています。

では、ショッピングモール以外から買うことは損なのかといえば損ではありません。

むしろ安く買うことができます。

そして、使い方や口コミなどの製品の説明もショッピングモールとは比較にならないほど詳しく書いてあります。

実際に使ってみている例も書いてあります。

そして公式サイトから買う方が安い。

これくらいやって、ようやく残ることができるようです。

楽天市場などのショッピングモールでは目立つことが難しいです。

価格しかありません。

広告費をショッピングモールに支払うとPRというのを付けて上に表示してくれますが、価格を見れば除外されてしまいますので安くしないといけません。

熾烈な価格競争の始まりです。

こうやっていくといずれ疲弊して終わってしまいます。

住設の商品は種類が少ない!

リフォームは、住設の製品でいえばとても少ない商品数のものです。

検討の候補に上がるのは2機種くらいで価格なんて一瞬で並べ替えられます。

するとあとは工賃です。

工賃はやっぱ安いということしか比較できません。

すると、安い値段にしたほうが売れるのでどこまでも値下げしていくことになります。

今までよりも多くの作業をこなす代わりに工賃を半分にして作業するということもあるでしょう。

それでも収入が増えればいいということでそういう流れになってしまいます。

ネットでPRしているサイトも楽天やAmazonと比較して競争できるくらいじゃないともうこの後厳しいことが待っているかもしれません。

本当にどうなるかは分かりません。

でも、利用者は正直、楽天が便利だしレビューも見れて安心だし、、

ポイントも付くし、

それでいいやと思います。

リフォームのことを書いているWebメディアも楽天の広告を貼ってしまう

そしてそういったリフォーム工事を比較するようなサイトも楽天の広告を張っておけば安くて良いリフォームが探せるならその方がいいやと考えるようになります。

なにせ簡単なことです。

Webサイトというメディアが広告費用をAdsenseなどの広告に依存していた時代は中間に入ったGoogle社は自在に儲けられるけど、Webサイトを作っている人には儲けられないような仕組みがありました。

たとえば1回見られたからいくら?

1つ契約が取れたからいくら?

というのが決まっていないのです。

時価というものでその時時で数十倍の差があります。

これでは全く話になりませんでした。

これが楽天市場の場合は定額で決まった報酬が入るようになっているのでリフォームを紹介して広告費用をもらうWebサイト運営者にはAdsenseよりもメリットがあるようになると思います。

おそらくそうなります。

そして、ネット上で業者を手配するサイトを運営していた窓口も楽天市場の広告を貼っておいたほうが楽でいいやと思うようになったらより一層自体は加速していくでしょう。

楽天が市場を独占している?

これは楽天がずるいことをしたわけではなく、利用者が情報不足により損をしていたから楽天を利用するようになり、ネット上でサービスを紹介しているサイトが高くて比較する対象にならないという理由によるものかもしれません。

だとしたら、そうなったのは必然であってそういう流れなのかと思います。

そのようなこともあって楽天市場でリフォームをしていこうと考えてしまう利用者側の考えでした。

また、DIYするという選択肢もあって自分で取り付けられる人は取り付けたらいいわけです。

外壁や屋根の工事は無理ですから楽天から業者に頼もうかなと考えるわけです。今はまだできないですが。

少なくとも、100万円の工事が300万円もかかったなんていう話は起きないことでしょう。

でも、修理の場合は工事の量が見えないのでやっぱり難しいですが、

坪数からおそらくA、B、C、Dタイプから選択するみたいな感じになっていくのだと思います。

これでもいくらになるか分からない現状に比べれば全然いいと思います。

また、施工に問題があったりトラブルがあったときも間に楽天がいると安心感が違います。

ショップはいくらでも増やせたとしてもレビューは増やせません。

契約しないとレビューが書けません。

手数料がかかるのでサクラもできません。

ここまで書いているとどうしてもそういう未来が見えて来ると思います。

一戸建てに住んでいてメンテナンス、修繕がいくらかかるか不安で暮らしている多くの人の気持ちがそういうのを後押ししてしまうのでしょう。

情報サイトの運営者も書きたくないことを書くよりも自分が思ったことを書いておいて、楽天の広告がいいものを紹介してくれるのならそれが便利で運営するのに好都合となるので増えることでしょう。

気になるページ

【外壁塗装より安いことも?】外壁と屋根をガルバリウム鋼板でカバー工法でリフォームするときの相場(2021年2月5日)
一番高耐久でメンテが楽な家は鉄筋コンクリートで屋根が瓦屋根??
ホームセンターで外壁塗装を頼む
外壁塗装一括見積りサイトで外壁塗装を頼む
家電量販店や小売店で外壁塗装を頼む
【光沢は安っぽくなる?】外壁塗装の塗料の種類は?
【アップルの新しい検索エンジン】Apple Search ウェブマスターツールってどんな感じになるのか?【ウェブ管理者の方向けの記事】
コンクリートサイディング「ラムダ」は?
リモートワークのリフォームの補助金が欲しい
玄関扉は塗り替えるか?
外壁塗装工事前の近所への挨拶をしたくない場合はどうする?
屋上やバルコニーの防水処理部は塗り替える?
サイディングの目地のコーキングは打ち増しか打ち直しか?
【塗り替え/張替え?】壁や屋根を張り替えるよりも塗り替えるほうがはるかに大変な工事かも?(2021年2月4日)
【カーポートが吹っ飛んだ!?台風で家が壊れた?】おすすめの火災保険受取サポートの口コミと評判は?
【地域によって異なるが日本の気候では厳しい】外壁と屋根を塗り替えるのに最適な季節は?何月?春夏秋冬いつがいい?(2021年2月19日)
ウッドデッキや木製ルーバーの材木の種類は?
外壁塗装のサイディングのコーキングの種類は?
住宅費は極力抑えつつ可処分所得を多くして人生を楽しむ
【どうすれば悪徳業者に騙されない?高い安い?】おすすめの外壁塗装はホームセンターか見積もりサイトか?


おすすめの商品

おすすめの商品

気になった商品はカートに入れてキープすると後で探しやすくなります。

気になるページはブックマークに追加!