*気になったページは「ホーム画面に追加」すると次回から探しやすくなります。

一番高耐久でメンテが楽な家は鉄筋コンクリートで屋根が瓦屋根?? – 住まいマネー

リフォーム 壁のこと

一番高耐久でメンテが楽な家は鉄筋コンクリートで屋根が瓦屋根??

投稿日:

一番高耐久でメンテが楽な家は鉄筋コンクリートで屋根が瓦屋根??

鉄筋コンクリートの家って憧れますよね。

大成建設のパルコンなんかが品質が揃っていて良さそうですが

まあ、つなぎめが 弱そうだなとか思ったりもしますが屋根が屋上になっていることがちょっと弱そうですね。

10年に1回は防水処理をしていかないといけないわけです。

とても屋上に土を入れて庭にしようなんて無理なわけです。

その点セキスイハイムのステンレス屋根は驚きました。

ただ壁はあるのでサイディングのシーリングなどはやっぱりきになります。

軒を長く突き出してやればいいでしょうか?

多少は壁のシーリングが途切れても問題なし?

ただし、鉄骨が錆びたり、結露で錆びたら嫌ですね。

シーリングが剥がれたところから外気が入って室温との差ができたら一気に湿気で結露するとかあるのなら考えると怖いものです。

あるとすればの話ですが、

結局の所、研究者を抱えるハウスメーカーがいいように考えてもいまだ完璧な高耐久の家なんてできてないってことです。

ほんとそうですよね。

あと一戸建ては25年が平均っていうのでもう使い捨てがふさわしい。

安く作ることのほうが重要だっていう発想ですね。

そうなると家にはほとんどお金をかけないのが正しい気もします。

ほんとですね。

だから土地の価格に価値を見出して高い値段をつけて高い税金を払っているわけですが、これってほんとうに虚しくなりますね。

賃貸にすれば貸してくれないことが普通にある。

それは高齢になって家の中で孤独死していたら物件が貸せなくなるという実情があるわけですが。

とにかく全然損してますよ。

この国の住宅に関しては。

本当に悩ましいことだらけです。

まあ、何というか、これをどうにかしても他に問題があれば意味がないわけで、いくら頑丈な家を建ててもロケットランチャーが飛んできたら意味がないわけです。

こういうことを総合的に考えると、ほどほどの家がちょうどいい。

ということで、一番のポイントが上塗りというものです。

やっぱり、外壁塗装、屋根塗装って、もろくて壊れやすい日本の家をコーティング技術により強く腐敗しないようにする最高の技術だと思うんです。

塗装は科学の世界です。

ほんとうに。

すごく深い世界だと思いますよ。

光回線と外壁塗装どちらも同じように科学の力が大事なものです。

ぜひとも、真剣に考えてみるといいかと思います。

最強の鉄筋国コンクリートだって強いように見えて塗装しないと行けないんですから。

最強なのが天然石を掘って作った家だと思います。

いわゆる、洞窟ですね。

たしかに洞窟の家は数千万年くらい経ってもひび割れない高耐久な家だと思います。

ようするに自然には勝てないということです。

ただ、塗装の凄いところは無機質の成分を塗料に混ぜて塗装するだけで表面にこの天然石のような層を作ることができるんです。

無機フッ素と呼ばれるような塗料は無機質の成分を塗料に含ませて自然環境からガードするようにできているのです。

だから弱いものでも強くガードすることができます。

日焼け止めだって薄い膜で人間を守るんですから凄いものです。

これが塗装が大事だといえる理由です。



気になるページはブックマークに追加!