*気になったページは「ホーム画面に追加」すると次回から探しやすくなります。

水茄子の育て方 – 住まいと暮らしのノウハウサイト

水茄子の育て方

水茄子の育て方

 

水茄子はたくさんの品種があります。水茄子(みずなす、ミズナス)という定義はなく、水分が多いというだけのようです。それもそれほどの違いはないそうです。

普通のナスにも意外に水分が多いのだそうです。

たしかにあまり生ではかじりませんが、ナスをかじると水分が出てきます。

定植後、1.5ヶ月経過したものです。

成長はかなりゆっくり目でそれほど勢いがありません。

ここ最近の夏日の影響でよく育っているようです。暑くても、それほど暑くない、夜には25度以下になるような季節はいいようです。

特にミズナスはあまり暑さに強くないようです。そのため、まともに野ざらしで栽培できる期間は短そうです。

蕾が膨らんでいます。

開花後で実ができているところだと思います。

拡大すると、多少のトゲがあります。ヘタは黒く、たまご型になりそうな形状です。
開花前の蕾はこういう感じです。

虫食いがひどいです。それも大きな害虫がミズナスを食害しているようです。

葉にあいた穴の大きさが虫の大きさをあらわしています。小さい幼虫が食べたくらいですと、筋状に跡が残りますが、これはぽっこりと穴が空いています。

成長が弱々しい感じがします。葉の大きさも小さいです。

他のナスと比べると、やはり勢いが少し弱いようです。

新芽も旺盛という感じではないようです。

茎もまだまだ細いままです。

おそらく、千両二号と水茄子なのですが、見分けがつきません。

収穫した時にごちゃまぜになって分かりません。

水分含有率が10%程度違うようだと聞いたことがあるのですが、若干重い方が水茄子かと思って比べてみましたが、分かりません。

とりあえず、切ってみました。

水茄子なら水が染み出してくるだろうと思いました。

左側のナス:よーく見ているのですが、、、

右側のナス:どちらが水分が多いのか、、、

泉州水なすは形が巾着型で明らかに違います。

今回の水茄子は千両二号と同じ形をしているので、ほとんど外見からはわかりません。また、中味の水分の多さ、ジューシーな感じ、肉質などもどれほど変わるのか分かりません。

しかし、本当の水茄子は食感が甘さのないりんごに近いものです。それを作ればすぐにわかります。しかし、相当難しいらしいです。

暑すぎても寒すぎてもダメな水茄子

水茄子は他の強健なナスに比べると暑さにも弱く、寒いと育ちません。

非常に難しく限定された地域でしか育たない、もしくはハウスを使って温度管理をしないと難しいでしょう。

今では気候の変化が激しいので、家庭菜園と言えども簡易ハウスやビニールで覆いをして育てる方法がいいかもしれません。

アーチ型の支柱を背丈の高さくらいまで組んで、農ポリをかぶせて固定していきます。

問題は風です。風が強いと、というか、突発的な竜巻や台風が多くなってきましたのでこれもまた、補強というレベルでは不可能です。

しかし、近年、寒さが厳しくて冬の間にもう今年の夏は暖かくならないからもう高温性の野菜は辞めた!と思ってしまうこともあるくらいです。

冬の間に夏のことを予測すると、少なくとも、夏は半年先くらいのことなのであまり今と変わりないと分かります。冬が寒すぎると感じたら、 夏もさほど暑くはならないでしょう。というか、この寒さが夏まで続いて成長不良になることが予測されるので、高温向きに栽培していたナスを 同じ方法で育てたらひどい目にあうでしょう。

そうです。人間が冬に今年はやばい!と感じたら、夏の家庭菜園にも工夫が必要です。

ビニールで囲んでしまい、4月からどんどんと成長させて早々に収穫をし終わる。これが理想的です。しかし、

ナスは背丈が高いです。背丈の高いビニールトンネルは設置が難しいです。さて、どうしましょう。

冬の間に身にしみて寒い思いをして歯が痛くなるほど体が固まりました。400km北の地域と同じ気温が続いたり、もう、おかしい気候です。

まともにやっても、最近は年々、ナスがまともに育たなくなっています。水茄子なんてほとんど無理という感じです。

一番簡単だと言われているナスでさえ難しく、少し、条件の低温、高温でも強い米ナスが一番いい成果となりました。

これでは終わってしまう。。。それではいけませんね。

簡単にはビニールトンネルくらいは作れると思います。

ダンポールなどの商品名の弾力性のある支柱を使って、ビニールをはって両端を杭で固定しておけばOKです。

でも、背が低い。30cm程度の高さとなります。これでもいいんじゃないんでしょうか?

ナスを支柱につけないとどうなるか?

地這いにすればいいではないか?

いや結構、ナスは木ですからほおっておいても1mくらい伸びます。

でも、じつは生え始めた新芽は柔らかくぐにゃぐにゃと曲がっていき、地面に真横に伸びていることも有ります。

無理とは言えないようです。

決めました。今度は農ポリの年にします。農ポリって高いんですけど、いくつか買って、5mのトンネルを3本作って、夏が本格化するまで夏野菜を その中で育てます。そうしないともうまともに育ちません。

場所の選定が難しいですが、意外とナスも植え替えにも対応できていて、土ごとごっそり植え替えるとほとんど影響はありません。

梅雨明けくらいまでビニールトンネルで育てる?茹で上がる?

しかし、7月になったら乾期に入ってたちまち、干からびたカチカチのナスしか採れないかもしれません。なんてことでしょう。ビニールの中で完結する必要があると、

もうそうしたら、黒マルチもはって3月前には定植して、もう、地這いのまま、促成栽培をしてしまいましょうか?

無理です。一般人の私のようなものには、その時期に苗を手に入れる手段がありません。。。

種から育てる???ナスは接ぎ木が一般的です。また、いい実がとれるF1種は高くて、失敗したらリスクも高いです。

じゃあ、苗を買うしかなく、どんなに早くてもHCにならぶのは4月中頃。その頃から、ビニールトンネルの中で育てますか??

梅雨明けまでマルチ+ビニールトンネル。

まあ、これくらいしないとだめでしょう。夏を超えられる夏野菜はゴーヤとピーマン、トウガンくらいでしょう。どちらも超熱帯の植物です。

おかしいですね。。おかしい気候です。

となると、これからは地這い栽培できるように地面を這わせるナスの栽培を目指していきます。真っ向から反対のことをやっています。

実がなるものは地面から近い位置ほど大きくなるので合理的なんですが、

もちろん、実生苗でなく、接木苗のナス+ビニールトンネル+黒マルチで4月最速植えです。

今年は支柱はミニトマトとゴーヤとキュウリしか立てません。そういう方向性でやってみます。

すると、支柱をたてる手間が減りだいぶ楽になります。

こういうことは普通、スイカやメロン、カボチャの促成栽培でやることなんでしょうが、ナスなどでもやらざる得ない感じです。

もちろん、スイカやメロンなど贅沢なものは作る余裕はありません。

 

マンション、土地、家、不動産を売るなら不動産売却査定サイトで!

ナスは難しいですが水ナスはさらに難しいです。ガーデニングでは諦めたほうがいいくらいです。

とくに南側に庭が広がっている場合は可能かもしれませんがそれいがいは無理です。

玄関が北向きで、その隣の駐車場のようなところにナスをプランターに植えて育てようとしてもまず不可能です。

いくら駐車場が空いてるからと言って野菜を育てて節約とはなりません。さすがにナスはかったほうが安いです。

それならばスマホだけで簡単にできる不動産売却査定サイトでやったほうがいいです。

 

 

No.1 いえカツLIFE(いえかつライフ)

いえカツLIFE

不動産買取査定、売却査定、リースバックでいくらになるか査定してもらうことができます。比較してご自身に合ったのものを選択することができます。

 

No.2 すまいValue

すまいValue

不動産一括査定サイトですが対応してくれる会社が取引量が多い大手6社の不動産会社だけとなっています。大手に売却を頼みたい方におすすめです。

 

No.3 イエタン(ietan)

イエタン(ietan)

大成建設グループの大成有楽不動産販売株式会社の不動産売却査定サイトです。大手の強みを活かした販売網と各種保証サービスが充実しています。

 

No.4 リビンマッチ

リビンマッチ

登録されている不動産業者の数は1,400社以上で、利用者が440万人(2017年)という不動産一括査定サイトです。全国を網羅していますので地方郊外の物件を売却したい方にもおすすめです。

 

No.5 ノムコム

ノムコム

野村不動産アーバンネット株式会社が運営する不動産売却査定サイトです。2017年にオリコン日本顧客満足度調査 『不動産仲介(売却)戸建』において第一位(64社中)となりました。

 

No.6 イエイ

イエイ

セカイエ株式会社が10年以上運営する日本最大規模の不動産売却サイトです。トラブルのあった業者は紹介先として契約しないようにしているそうです。紹介先の業者は1000社を超えていて、利用者数も400万人を超えています。

 

No.7 イエウール

イエウール

株式会社Speeeが運営する不動産売却一括査定サービで登録されている不動産会社は1,800社以上で日本最大級の不動産一括査定サイトです。

 

No.8 HowMaスマート不動産売却

HowMa(ハウマ)スマート不動産売却

東京都の一部地域限定ですが、不動産会社と電話のやりとりをせずにチャットやWebでコミュニケーションを取りながら進めることができます。電話が苦手な方におすすめです。

 

No.9 マイスミEX

マイスミEX

株式会社じげんが運営するサービスで2015年に始まったサービスで翌年には10倍以上に成長した注目の不動産一括査定サービスです。

 

No.10 不動産査定エージェント

不動産査定エージェント

セカイエ株式会社が運営する不動産一括売却査定サービスです。東京、大阪、神奈川、埼玉、北海道に対応しています。

 

No.11 RE-Guide

RE-Guide

株式会社ウェイブダッシュが運営する2006年から続く不動産一括査定サイトです。

 

No.12 マンションナビ

マンションナビ

マンションリサーチ株式会社が運営するマンション専門の一括査定サイトです。登録されている不動産会社数は最大規模で全国対応しています。月間の査定依頼件数が1,500件を超えています。

 

No.13 town life(タウンライフ)不動産売買

town life(タウンライフ)不動産売買

ダーウィンシステム株式会社が手がける『town life(タウンライフ)』では住宅購入からメンテナンス、リフォーム、売却までトータルな住宅関連サービスを提供しています。