*気になったページは「ホーム画面に追加」すると次回から探しやすくなります。

【規制、解体はどうなった?】GAFA、FAANGの株価おすすめチャート – 住まいマネーの壺

株価チャート

【規制、解体はどうなった?】GAFA、FAANGの株価おすすめチャート

投稿日:2020年10月4日 更新日:

GAFA、FAANGの株価おすすめチャート

FAANG FXCM(CFD)株価チャート(日足)9日移動平均線

 

TradingViewでFAANGの株価(日足)に9日移動平均線を表示したものです。

世界のチャート分析が見れて売買ツールが使える無料のTradingViewコミュニティー

TradingViewのコミュニティーページのメニューの「コミュニティ」の「アイデア」や「スクリプト」にみなさんが共有したチャート分析のノウハウや売買タイミングが分かるツールが無料で公開されています。

*PCを使っていると、メニューを表示するときに「スクリプト」の項目が見れないので、右クリックしてChromeブラウザの「検証」メニューからスマホの表示に切り替えてメニューを選んで下さい。

このようにTradingViewで簡単に使えるような専用のプログラム(スクリプト)が公開されています。コピペで自分の好きなチャートで使用することができます。

これがスマホ表示に切り替えたときのメニューです。チャート分析はPCを使う人が多いと思いますのでちょっとだけ苦労するかもしれませんね。

TradingViewのコミュニティーはチャート分析界のトップSNSといえるものです。

世界のチャート分析や売買するタイミングを教えてくれる無料のストラテジーがTradingViewのコミュニティーで多くのメンバーによって公開されています。感謝しながら使わせてもらいましょう。また、自分で思いついた戦略を発表してみんなのリアクションを見るのも喜びだと思います。

GAFAの株価をまとめて見れるチャートとは?

FXCMというアメリカのCFD会社の銘柄にFAANGというものがありチャートを見ることができます。

まだ2019年からの相場しかありませんが1年程度で約2倍になっていてFAANG個別銘柄のように急激な伸びを見せています。

実際には個別銘柄を買えばいいだけなので買う人は少ないと思いますが、指標としては面白いかもしれません。

これを見ているとGAFAは成長し過ぎたと言われた2020年からさらに伸びていて驚異的な感じがします。FAANGはネット視聴時代を実現するネットフリックスが入ってさらに伸びを加速させたようです。

GAFA、FAANGは結果的に人々に利用されるサービスであることが証明されたということなのかもしれません。

あとはアメリカ政府による管理がどこまで広がるかが最大の懸念といますが、こればかりはどうにもわかりません。利用者にメリットがあるサービスなのですから形はどうあれ安心して使えるように継続してもらいたいものです。

GAFA、FAANGの個別チャート

GAFA、FAANGと呼ばれる以下の企業の株価チャートを見てみたいとおもいます。

G (グーグル)アルファベットの株価チャート(日足)9日移動平均線

グーグル GOOGL NASDAQ 株価チャート(日足)9日移動平均線

 

TradingViewでグーグルの株価(日足)に9日移動平均線を表示したものです。

【いつまで続く?ほんとにどうなる?】グーグル GOOGL アルファベットの株価おすすめチャート(日足)9日移動平均線

GAFAといえばGoogle社です。Google検索、YouTube、GmailのAdsense事業など、無料サービスで莫大な広告収入が得られると世界に知らしめた最初の企業といえる会社です。これらのIT企業が伸びた時期にはGAFA,FAANGの企業はそろってみ右肩上がりに業績を伸ばしていて株価も上昇しています。

たまに落ち込むときもありますがすぐに回復して伸びていく力強さを持っています。

近年では個人情報のトラッキングが話題になったように懸念も増してきました。また、それに対処すべくAndroid端末のセキュリティを高めていく方向にシフトしているようにも見えます。

A (アップル)の株価チャート(日足)9日移動平均線

アップル AAPL株価-NASDAQ 日足 9日移動平均線

 

TradingViewでアップルの株価(日足)に9日移動平均線を表示したものです。

【最新型iPhoneを見れば市場価値も一目瞭然!?】アップル AAPLの株価おすすめチャート(日足)9日移動平均線

Apple社はiPhoneとMacBookの人気がその株価の上昇を物語っています。スティーブ・ジョブズの後もどうなることかと思いましたがまだまだ人気は高いです。特に日本でのiPhoneの人気は世界と比べて突出してAndroidよりも人気があります。

いまだに2,3世代前のiPhoneがスマホ契約とセットで割引販売されていて子供たちは「古いiPhoneでもいいから絶対にiPhoneが欲しい」といって世の親たちを悩ませています。日本で最初にiPhoneをセット割で本体実質無料という戦略に出たソフトバンクが他社を圧倒したことも記憶に残っていると思います。

Google AndroidをiPhoneのライバルとみなした場合Google社と一騎打ちをしているのがApple社ということになるでしょう。

Googleへの対抗策かセキュリティには配慮しているという姿勢でiPhoneを開発してファンからの信頼を厚くしています。囲い込み戦略とファンからの支持のバランスがしっかり保てるかが今後の焦点となるでしょう。

チャートはTradingViewで全て解決できる!?

メールアドレスを登録するだけで無料でほぼ全ての機能が利用できます。

TradingView(トレーディングビュー)は世界的に利用されているチャートです。クラウドになっているのでどこからログインしても自分の保存している情報にアクセスできます。

世界中の株式からFX、先物まであらゆるリアルタイムチャートがメールアドレスを登録するだけで無料で利用できます。

アラート設定個数を増やしたり、同時に表示できるチャートの数を増やしたいときは有料プランに切り替えます。

プログラムで書かれた売買シグナルや分析ツールも無料で利用できます。世界中の利用者がコミュニティーで公開しているので知識量が凄いです。

F (フェイスブック)の株価チャート(日足)9日移動平均線

*社名が変わりました。

フェイスブック FB株価-NASDAQ 日足 9日移動平均線

 

TradingViewでフェイスブックの株価(日足)に9日移動平均線を表示したものです。

【インスタグラムの実力が発揮される?】フェイスブック FBの株価おすすめチャート

とにかく商売が上手い。そんな天才的な経営者が作ったビジネスを展開したFacebookです。そのビジネスの上手さはFacebookに広告を出稿するときに気付かされることでしょう。最初に就職活動のためのツールだと思った人は「いったいどうしてFacebookがそんなに儲かっているの?」という「?」が頭の中に浮かんでいたことでしょう。

就職、転職活動に利用されるなら氏名、住所、社歴、仕事の内容は大事だからと一生懸命正確に入力したものです。そして、顔写真も。

それが後々になって個人情報がリスクにさらされているかもしれないという懸念を集めてしまったことは記憶に新しいと思います。

凄いビジネスモデルなのですが利用者離れが起きることが1番大きな問題です。

また、同グループとなったWhatsApp、Instagramの方でも広告事業を展開していき金額も大きくなっています。

とくに日本ではInstagramの広告が重要視される傾向にあります。個人消費の購買層がインスタユーザーになっているため非常に多くの企業がインスタに広告を出稿しています。メーカー企業だけでなく、Webメディア運営者もAdsenseのように手軽に出稿できるシステムになっていてその売上は莫大なものになっているはずです。

WhatsAppは日本でいうラインの代わりと言えるサービスですが、通話アプリに広告が出てきたら利用者の使い勝手に影響を与えるものです。

インスタグラムも広告が増え過ぎてきたことや他の問題はユーザー離れの懸念材料でもあります。

しかし、TikTokのような音楽付きショート動画を共有するサービスをリリースするなどぬかりもありませんので躍進はまだ続きそうな気もします。

A (アマゾン)の株価チャート(日足)9日移動平均線

アマゾン AMZN株価-NASDAQ 日足 9日移動平均線

 

TradingViewでアマゾンの株価(日足)に9日移動平均線を表示したものです。

【宅配サービスは今後も需要拡大?】アマゾン AMZNの株価おすすめチャート

コロナの件が大きくなった時にどの株も下がりましたが、その後持ち直してさらに伸びていっているのがGAFA企業です。

伸びている中でもGoogle社とFacebook社は伸びが緩やかなのに対し、Apple社とAmazon社はコロナが広がった後さらに大きく株価が続伸しています。

これではコロナショックではなくバブルのようになってしまっています。

通信販売、宅配サービスの異議がコロナの時ほど重要だと感じたことはありません。本当に必要だから仕方がない、それは消費者もみんな利用するし売る方も利用する。本当に需要があるだけに業績が伸びて株価も躍進するのも当然といえば当然のことですが、やはり強いといった感じになります。

以前から強すぎるくらいに強かったのがさらに需要増大の追い風を受けてしばらく続きそうです。

N (ネットフリックス)の株価チャート(日足)9日移動平均線

ネットフリックス NFLX株価-NASDAQ 日足 9日移動平均線

 

TradingViewでネットフリックスの株価(日足)に9日移動平均線を表示したものです。

【テレビからネット配信の時代へ】ネットフリックス NFLXの株価おすすめチャート(日足)9日移動平均線

GAFAと比べると売上がまだ追いついてはいませんが、ここ数年の業績の伸びと実需の増加が大きくなっています。

映像ストリーミングサービス(動画配信サービス)は日本でも定着してきてTV番組も放送局が運営する配信サービスから見れるようになりました。

これにリモートワークがきっかけとなって自宅のIT通信環境が整備されてリビングのテレビでネット接続できることが普通になりつつあります。

こうなってくるとTV番組以外のコンテンツを持っている動画配信サービスが強いのですが、海外の映画やドラマなどの番組が見たいという場合にはネットフリックスが最有力候補となります。

従来のDVDレンタル店のように海外の映画やドラマを扱っているだけならネットフリックスには勝てません。動画配信サービスなのでいくらでもユーザーを増やすことが可能です。結局はコンテンツの版権を持っているかどうかということになってくるのですが、ネットフリックスはオリジナル作品の制作にも力を入れていて1つの映像制作会社という側面も持っています。

そうはいってもネット接続されている環境ならば契約を切り替えるだけで他のサービスに乗り替えることができるので油断はできません。

気になるページ

【ダウより熱い?リアルタイムから長期で見やすい!分析しやすい!】日経平均、日経225先物のおすすめチャート
【不死鳥の如く復活するか?酒の肴となるのか?】ツイッター Twitter TWTR株価おすすめチャート(日足)
【世界経済の成長を信じる?】新興国株 VWOの株価おすすめチャート(日足)
【分配金と安定が嬉しい】米国債券 AGGのおすすめチャート(日足)
【インスタグラムの実力が発揮される?】フェイスブック FBの株価おすすめチャート
【これからが気になる自動分散投資】ウェルスナビ WealthNaviのおすすめチャート-VTI、VEA、VWO、AGG、GLD、IYR、JPY
【上昇するのか?有事の資産の避難先?】金 ゴールド GLD価格おすすめチャート(日足)
【アメリカ証券市場全体に近い値動き】米国株 VTIの株価おすすめチャート(日足)
【宅配サービスは今後も需要拡大?】アマゾン AMZNの株価おすすめチャート
【いつまで続く?ほんとにどうなる?】グーグル GOOGL アルファベットの株価おすすめチャート(日足)9日移動平均線
【アメリカ企業の株価指数!無料ストラテジーが豊富な】S&P 500のおすすめチャート
【歴史ある国でリスク分散】日欧株 VEAの株価おすすめチャート(日足)
【世界の証券市場を決める!無料ストラテジーが豊富な】ダウ平均先物のおすすめチャート
【楽天証券で人気の投資信託】楽天証券の投資信託「楽天・全米株式インデックス・ファンド」に役立つ株価おすすめチャート(日足)
【最新型iPhoneを見れば市場価値も一目瞭然!?】アップル AAPLの株価おすすめチャート(日足)9日移動平均線
【日本株?外国株?どの銘柄にする?】資産運用におすすめの便利なチャート
【テレビからネット配信の時代へ】ネットフリックス NFLXの株価おすすめチャート(日足)9日移動平均線
「住まいマネーの壺」編集部

日常の住まいと暮らしのコストを見直すだけで得られる豊かさがあります。

「暮らしの節約アドバイザー」としてお得になれる情報を発信しています。



おすすめの商品

楽天市場のおすすめ商品

気になった商品はカートに入れてキープすると後で探しやすくなります。

気になるページはブックマークに追加!
住まいマネー