住まいマネーの壺

「住まいマネーの壺」は誰もが考えなければならない「住まいと暮らし」に関することを少しでも賢くお得にするためのサイトです。

人にとって不可欠な「衣食住」の中の「住まい」のことを考えていきます。

「住まい」とともに必要となってくる「保険」や「お金」のことも紹介していきます。

時代とともに住まいや経済の状況は変わっています。新しい情報を知らないとそれだけ損をします。

優遇措置や便利なサービスを見落としているといつの間にか知っている人と知らない人との間に大きな差ができてしまいます。

情報は命の次くらいに大事だということが分かった方も多いと思います。

そして、その情報社会を悪用して利用者が損をするようなサービスを売るところも登場しました。

ネットを見て得をする情報を見つけることは難しくなってしまいました。

どうやったら正しい、本当にお得な情報にたどり着けるのでしょうか?

表向きは良さそうなサービスでも「実は、、、」ということも多いものです。

そんなネットで損をしないように情報を探す方法を考えていきたいと思います。

一度見た情報がもう一度見れるとは限らないのが現代の情報社会です。

そのようなこともありますのでネットで見つけたページはブックマークしておいた方がいいと思います。

住宅ローンを安くする方法

住宅ローン借りる時に金利の比較はもちろんですが、審査が通るかということが1番大事なところです。

銀行巡りに時間を浪費するよりも一括して低金利の銀行に問い合わせることができるというものです。

ネットで同時に複数の銀行に申し込むことができます。

家を高く売る方法

家や土地などの不動産を売るときに最も困るのはどこに頼むか?いくらで売り出すか?

ということです。

マンションの価格は査定次第でだいぶ差ができます。

また、販売力が高い会社で売りに出すほうが自社ネットワークを活かして売ることができるので有利になります。

外壁塗装の業者探しと見積もりのやり方

外壁塗装をすると新築よりも綺麗になって見違えるようになります。

しかし、どこへ頼むかでとても苦労することにもなります。

普通に済ませたいのですがなかなかうまく行かないこともあります。

将来的に屋根の張替えなども考えてどこまでメンテするのかということを考える必要があります。

おすすめの塗料は?

一戸建ての人が悩む問題です。

火災保険受取サポート

台風などで被害を受けた時におすすめの火災保険受け取りをサポートするサービスです。

格安スマホについて

大手キャリアが値下げ要請を受けて安くするように動いています。

でも、なんだか安くならないようなこともあるようです。

どうしてでしょう?

本気で安くしたい場合はMVNOと呼ばれる格安スマホを使うことです。

ネットの速度は遅いですがそれなりに使えればいいという人にはおすすめです。

光回線を速くしたい

リモートワークが普及して「もううちのネット回線だめ!」となっている人も多いことでしょう。

どこが空いているのでしょう?

周りの家の人がみんなでリモート会議し始めたらオフィス街よりもネットワークの通信量が上がってしまいます。

そんなことを考えて光回線は設計されていませんでした。

どうすれば快適に速く、リモート会議ができるような環境が作れるのでしょうか?

そんな試みをまとめてみました。

生命保険を見直したい

共済などの安い生命保険があります。ネットで完結する生命保険もあります。

あまりに安すぎて必要ない特約まで付けたまま何年も放置してしまい保険料を2倍払っていました。

でも、それでも従来の昔からある保険よりも安いので、ムダに特約に入っていることに気が付きませんでした。

こんなに安くできるの?

そんなことは一般人にはわかりません。生命保険のことを常に考えている保険選びのプロに聞くのが良いでしょう。

どこかの保険会社の代理店ではなく、全ての保険の中から1番いいものを教えてくれる。そういう人が必要だったのです。

FPに家計を相談する方法

うちの家計で何が1番ムダ?

そんなこと友達にも相談できないし、親戚に聞いてもムダです。

家族は協力的じゃないですし。

どうしたらいいのか?

無駄遣いを指摘しても怒られるだけです。

1番得するクレジットカードは?

クレジットカードはネット時代では必需品です。

もう子供でも持っていたほうがいいくらいに考えられています。

チャージするタイプのキャッシュレス決済アプリは誰でも使用できますが、クレジットカードはどうしても審査が必要になります。

ほんとうにどこがいいのか検討して2,3枚を持っておくのがいいと思います。

お得なふるさと納税について

納税しているならふるさと納税を利用しないと損をするだけです。

使っていない人とふるさと納税をしている人では30%くらい損をしているかもしれません。

いいものがあれば確実にふるさと納税でゲットしましょう。

テオで全自動資産運用する

ネットの証券会社で売買するのは面倒だけど少しは資産運用したい。

景気がいいとかいうけど自分もその恩恵を受けたいという人はまずはテオのような何も考えなくてもいいような自動の資産運用サービスを使ってみるのが良いと思います。

やってみれば分かりますし、それでどうするか考えればいいことです。

ダウ平均チャートのおすすめは?

自分で資産をどこに投資しようかと考えるとすぐに分かることですがダウ平均が資産運用の中心にあります。

これが金融、経済、景気の全てを左右する指標です。

少なくともこれが何十年も続いてきたわけです。今後も少し変わってもこのシステムを利用することは続くでしょう。

まずはダウから始めてみましょう。

おすすめのS&P500チャート

ダウは30社ですが「S&P 500」は500社の企業がベースになっています。

さらに本当のアメリカ企業という条件が付いているので安定しやすいかもしれません。

資産運用の投資先としては本命になるものです。

日経平均でおすすめのチャートは?

日経平均もアメリカに左右されながらもがんばっています。

日銀の意思決定によって株価が支えられることも多々ありました。

これから日本の株価だけが独自に動くということはないと思いますが、それでも分散投資という意味ではアメリカの株以外に日経平均の株価指数に投資すると安定するかもしれません。

ドルー円の相場が変動する為替リスクも気にしなくていいので日経平均(日経225)もいいと思います。

GAFA、FAANGのおすすめの株価チャート

GAFAやFAANGといったビックテックの株価をまとめた指標のチャートがあります。

各社の個別の値動きを見ても分かるのですが全体として見ることで長期的な視野で分析することができるでしょう。

フェイスブックのおすすめの株価チャートは?

ビックテックの中でも話題が尽きないフェイスブックです。

株価の行末は今後の規制次第といったところです。世界が固唾を飲んで見守っています。

最近更新されたページ


気になるページはブックマークに追加!